久喜市、白岡市、蓮田市、加須市、幸手市、さいたま市で入れ歯の事なら、いしはた歯科クリニック

コーヌス義歯作製の流れ

コーヌス義歯作製の流れ

お口の中の状態を確認

コーヌス義歯を作製することが決まりましたら、お口の状態を確認します。虫歯や歯周病など、治療が必要な箇所がある場合、まずは治療が先になります。治療の必要がなければ義歯の作製に進みます。

歯の型取り

歯の型取りは合計2回行います。歯医者で型取りを経験した事がある方もいらっしゃると思いますが、1回目の型取りは既存のトレーにピンク色のアルジネートという材料を使用し、お口の中全体の型取りを行います。型取り後、模型を作製し内冠を作製します。

内冠の装着と専用のトレーを作製

コーヌス義歯を被せるための内冠を装着します。内冠を装着したら専用の型取りトレーを作製します。2回目の型取りはとても重要となるため、1回目の型取りで使用した既存のトレーではなく、一人ひとりに合わせた専用のトレーを作製し型取りを行います。

義歯の装着

専用のトレーで作製したコーヌス義歯を装着します。歯茎に当たる部分などは、それぞれのお顔に合わせ厚みの調整を行っております。歯茎部分の厚みでお顔の印象も変わるため、より使いやすく、お若く見えるよう調整を行います。

web予約web予約
診療時間 / 曜日
9:30~12:30 ×
15:00~20:00 ×

:午後診療19:00まで 休診日:日・祝日

2016© いしはた歯科クリニック 久喜入れ歯センター

pagetop